カノンヴァイオリンスクールどこが違うの?

日本でもトップクラスのオーケストラに在籍しているプレーヤーと指導歴30年の講師が2人で教えます。

2人で教えると、どういうメリットがあるの?

まず、2人の得意な所と苦手な所を挙げてみます。

藤原の得意な所

日本でもトップクラスのオーケストラに在籍しているということは演奏技術並びに曲の解釈等、抜群です。

藤原の苦手な所

小さいお子さんを教える時、難しい言葉を使ってしまうのでうまく教えたい事 が伝わらない。
手加減が出来ないのであまりに難しい事を要求してしまいます。
(逆にプロになりたい方にとっては最適です)

槙本の得意な所

長年教えているので、小さいお子さんの教え方が上手です。手加減を知っています。

槙本の苦手な所

演奏技術等は藤原から比べれば、数段劣っています。
(藤原から知識を吸収中です)

以上2人の得意分野と苦手分野を挙げてみました。
ご覧になるとよくお分かりになると思いますが、この2人が相談しながら 指導するというスタイルはベストだと思われませんか?

基礎をしっかり教えることによって途中で行き詰って挫折することが ないように指導していきます。

基礎をしっかり教えるってどういう事?

最近、世間でも言われるようになってきましたが、バイオリンを弾く上で難しいのは右手の弓の動かし方なのです。
弓が、自分の弾きたいように動かす事ができるよう、色々なカリキュラムをくんで徹底して教えます。

左手に関しては、バイオリンは、音程を正しくとるのが難しいといわれていますが、理論さえわかれば大丈夫です。
それを、しっかり理解できるまで教えます。

このように右、左の役割を完全に分けて教える事によって、曲が難しくなっても最低限の練習量で挫折することなく、乗り切っていく事ができるようになります。

特にお子様の場合、弾けなくなってあきらめてバイオリンを止めてしまうという事は、非常に挫折感を味わいます。
せっかくお子様の教育の一環として選んでいただいたバイオリンです。
その楽器がお子様の成長の手助けとなればと、いつも思っています。

どのような楽譜でも自分で考えて(CDの聞き覚えではなく)演奏できるように指導していきます。

8年たって振り返ってみると・・・
幼少の時から始められた生徒さんは挫折することなく、自分で楽譜を見て考えながら演奏しています。
それから独自のカリキュラムによって非常に集中力がついてきて、お母様たちに喜ばれています。
大人の方たちは、短期間でいい音が出るようになり、自分の演奏してみたい曲を弾くことができるようになっています。